日本あっちこっちめぐり旅行記

個人旅行、高級旅館、温泉大好き人間が日本のあっちこっちをめぐった旅行記です。

新緑の黒部峡谷トロッコ電車に乗る旅(6)/欅平駅周辺散策、その先は?

新緑の黒部峡谷鉄道トロッコ電車に乗る旅、最終回。

終点の欅平駅に到着しました。

f:id:gk6si002:20170518171115j:plain

 

折り返しのトロッコ電車が出発するまで周辺を散策します。

奥鐘橋

欅平駅黒部川と祖母谷川とが合流するところにあり、奥鐘橋はその合流地点にかかる大きな橋です。

f:id:gk6si002:20170523135630j:plain

 

濁流というほどではなかったですが、雨と雪解け水で川を流れる水の音がとにかく大きかったです。

f:id:gk6si002:20170523151751j:plain

人喰岩

奥鐘橋を渡ってすぐ。

岩盤をえぐり取って作られた道です。岩が道を覆いかぶるようになっています。

f:id:gk6si002:20170523143130j:plain

 

人喰岩から見た景色。

f:id:gk6si002:20170523145012j:plain

左に見える赤い橋が奥鐘橋。橋の上に見える建物が欅平駅す。

 

人喰岩から先、道沿いに歩いていくと名剣温泉、祖母谷温泉があり日帰り入浴も可能ですが、この時期はまだ冬季休業中で人喰岩で折り返しました。

河原展望台

欅平駅から谷を下ったところにあります。まさに河原にある展望台。

f:id:gk6si002:20170523152916j:plain

展望台からは、先ほど歩いた奥鐘橋や人喰岩を下から眺めることができます。

下から上を眺める展望台なんですね。

 

この展望台から黒部川下流沿いに遊歩道があり猿飛峡へ行くことができますが、この日は川の水量が多く通行不可。猿飛峡へは行くことができませんでした。

f:id:gk6si002:20170523153729j:plain

 

GW前後の欅平駅周辺の観光スポットは、まだ残雪等の影響でオープンしていないところがあり、年によって状況は変わりますが、5月下旬から6月ぐらいにならないと全面的に周辺散策はできないようです。

今回は、そのような事情でしたので欅平駅での滞在時間は2時間ほど、宇奈月からの往復5時間ほどでしたが、夏など本格的なシーズン時は 1日たっぷり使うぐらいに計画を立てた方が良いと思います。

欅平駅から先は? 黒部ダムまで行ってみる?

奥鐘橋から黒部川上流を眺めると、欅平駅から先、峡谷沿いにトロッコ電車の線路が延びているように見え、建屋も見えます。

f:id:gk6si002:20170523154254j:plain

黒部川には、この先も電源開発を目的としたダムや発電所が点在しており、その終点は、あの黒部ダムです。

f:id:gk6si002:20170523164108j:plain

しかし、私たち一般客は、欅平駅から先、黒部ダムまでには行くことはできなくて再度トロッコ電車に乗って宇奈月へ折り返すしかありません

ですので、欅平から黒部ダムに行くには、宇奈月へ戻り立山を経由して立山黒部アルペンルートを通って「迂回」をしなければなりません。

 

しかし、「黒部川をさかのぼって直接黒部ダムまで行ってみたい」と思ったアナタ。実は方法があります!

 

「黒部ルート見学会」に参加する

欅平から黒部ダムに至るまで、ほぼ黒部川に沿って「黒部ルート」と呼ばれる関西電力の発電施設建設、保守を目的とした資材運搬ルートがあるのですが、一般開放されていません。

しかし、関西電力では、この黒部ルートの見学会を毎年開催しており、応募して当選すれば欅平~黒部ダム間を通り抜けすることができます。

www.kepco.co.jp

ワタクシ、この旅をした数年後に黒部ルート見学会に参加して黒部ダムから欅平まで通り抜けることができました。

絶景あり壮大な施設ありといった大変素晴らしい内容で、存分に堪能してきました。

f:id:gk6si002:20170523182255j:plain

f:id:gk6si002:20170523182540j:plain

抽選のうえ当選しなければなりませんが、一見の価値ありです。

この「黒部ルート見学会」の様子は、別の機会に紹介します。

 

ホテル・旅館の宿泊ならdトラベル

\全国100路線以上販売中!/
高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

新緑の黒部峡谷トロッコ電車に乗る旅(5)/黒部万年雪と猫又駅~鐘釣駅~欅平駅の車窓

新緑の黒部峡谷鉄道トロッコ電車に乗る旅、続きです。

tatami-travel-dairy.hatenablog.com

いよいよ終点、欅平駅まで進みます。

 

f:id:gk6si002:20170518152741j:plain

東鐘釣山

鐘釣駅の手前、右前方に「東鐘釣山」が見えます。つりがね状の形をした石灰質の岩山です。

f:id:gk6si002:20170518153120j:plain

東鐘釣山を過ぎて黒部川に架かる橋を渡ると、黒部川が進行方向右手から左手に移ります。

 

車窓の見どころも進行方向右手から左手にかわります。

f:id:gk6si002:20170518160934j:plain

右側の座席に座っていると、左側を見るのがつらいです。(撮影するならなおさら)

逆に、左側の座席からは右側が見づらいというわけです。

見どころは進行方向右側が多く、座るのであれば右側がおすすめです。(帰りは左側)

なお、ここから先の車窓の様子は、帰りのトロッコ電車で撮影したものです。(帰りも右側の座席に座って、行きとは逆側の車窓を楽しみました。)

黒部万年雪(鐘釣駅)

橋を渡るとすぐに鐘釣駅に到着します。

f:id:gk6si002:20170518153958j:plain

 

鐘釣駅の進行方向左手に大きな雪のかたまりが見えます。

f:id:gk6si002:20170518161244j:plain

「黒部万年雪」です。

冬に山から崩れてきた雪が次シーズンの雪が降る時まで残っているので、この名が付いたそうです。

ちなみに、こちらは9月上旬に撮影した黒部万年雪。あまり残っていません。

f:id:gk6si002:20170518163456p:plain

数年後の9月に再度トロッコ電車に乗る機会に恵まれまして、その時に撮影したものです。

年によって雪の残り具合に差があると思いますが、4~5月であればトロッコ電車から十分な量の万年雪が見られるのではないかと思います。

小屋平ダム(小屋平駅)

鐘釣駅を出発して10分ほどで小屋平駅に到着します。一部の列車はここで停車しますが、私たち一般客の乗降はできません。(時刻表の案内にもありません)

ところで、この駅の進行方向左側にダムが見えます。

f:id:gk6si002:20170518164934j:plain

小屋平ダムです。

関西電力の発電用ダムで、前回の記事に登場した黒部川第二発電所の発電に利用されています。

tatami-travel-dairy.hatenablog.com

欅平駅

小屋平駅を出発してしばらくすると、終点欅平駅に到着します。

f:id:gk6si002:20170518171115j:plain

宇奈月駅からおよそ1時間20分ほどの旅でした。

折り返し宇奈月へのトロッコ電車出発まで周辺を散策します。

(つづく)

 

ホテル・旅館の宿泊ならdトラベル

\全国100路線以上販売中!/
高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

つづきは、こちら。

tatami-travel-dairy.hatenablog.com

銀座シックス(GINZA SIX)の屋上庭園に行ってみた

先月オープンした「銀座シックス(GINZA SIX)」。

所用ついでに行ってきました。

f:id:gk6si002:20170516130648j:plain

といっても、大変な混雑でとてもゆっくり見て回る余裕はなかったです。

お出掛けしたのは、金曜日の夕方少し前。

実は、先日ゴールデンウイーク中に国会議事堂の見学(衆議院特別参観)をした帰りにも国会議事堂から散歩がてら銀座まで歩いたついでに立ち寄ったのですが、

tatami-travel-dairy.hatenablog.com

GWということもあってか大混雑で館内に入るのをあきらめ、平日に来たというわけです。

しかし、この調子では、落ち着いて買い物できるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

それでも、どうしても見ておきたかった場所がひとつだけ。

f:id:gk6si002:20170516131539j:plain

屋上庭園です。

f:id:gk6si002:20170516131623j:plain

都会のど真ん中とは思えない、緑あふれる空間になっていました。

 

屋上はぐるりと一周できるようになっていて、たとえば、

f:id:gk6si002:20170516131730j:plain

東京タワーも見えたりするのです。

さぞかし夜景も素晴らしいだろうと思い、夜景も見てみたかったのですが混雑しそうだしお腹も空いてきたのでなので退散しました。

 

ところで、どうして屋上庭園を見てみたかったのかというと、私にはちょっとした思い出がありまして。

f:id:gk6si002:20170516132325j:plain

銀座シックスは、銀座松坂屋を取り壊した跡地に建てられたビルですが、その銀座松坂屋の屋上にジンギスカンビアガーデン「麦羊亭」(ばくようてい)があったんですよ。

いかにも「サラリーマンが集う、デパート屋上のビアガーデン」といった空間で、

 銀座の夜景を眺めながらビールに美味しい肉。

 銀座の割に価格が決して高いわけではない。

といった感じで、お気に入りでした。

私は毎年友人とこのビアガーデンに行っていたので、ビル取り壊しで閉店すると聞いたときに残念で銀座シックスで復活しないかなと密かに期待していました。

 

銀座シックスでは「サラリーマンの集い場」とはかけ離れた洒落た空間に様変わりしており、当然ビアガーデンは復活しなかったのですが、なんだか昔のビアガーデンが懐かしく感じました。


 

銀座・日本橋・汐留・新橋 ホテル・旅館 宿泊予約は [一休.com]

東京駅・丸の内・日比谷・有楽町・秋葉原 ホテル・旅館 宿泊予約は [一休.com]

新緑の黒部峡谷トロッコ電車に乗る旅(4)/黒薙温泉と柳橋駅~黒薙駅~猫又駅の車窓

新緑の黒部峡谷鉄道トロッコ電車に乗る旅、続きです。

tatami-travel-dairy.hatenablog.com

徐々に山深くなっていきます。山には残雪も見えます。

f:id:gk6si002:20170513134117j:plain

仏石

柳橋駅を過ぎて数分ほど。進行方向右手に「仏石」が見えます。

f:id:gk6si002:20170513134454j:plain

一見すると石仏に見えますが、天然の岩だそうです。

車内放送で案内がありますが、一瞬なので見逃さないで!

 

徐々に先が険しくなってきました。トロッコ電車はトコトコと上っていきます。

f:id:gk6si002:20170513141114j:plain

黒薙駅

宇奈月駅からおよそ25分。黒薙駅に停車します。

f:id:gk6si002:20170513142019j:plain

宇奈月駅からおよそ100m標高を上ってきました。

 

黒薙駅は、山肌にへばりつくようにホームがあります。 ※画像は帰りの列車からのもの。

f:id:gk6si002:20170513142601j:plain

黒薙温泉

秘境の温泉宿として有名な黒薙温泉は、この黒薙駅が最寄り駅。

なにしろ、この温泉に行くにはトロッコ電車に乗るしか方法がありません。

日帰り入浴も可能で、温泉ファンの私としては是非訪ねてみたい旅館なのですが、この時は時間の関係で訪問できませんでした。残念。。。

www.kuronagi.jp

後曳橋(あとびきばし)

黒薙駅を出発するとすぐに後曳橋を渡ります。

f:id:gk6si002:20170513150524j:plain

新緑の景色も素晴らしいですが、紅葉も素晴らしそう。

 

川底からの高さ 60m。下をのぞき込むのもちょっと怖い。。。

f:id:gk6si002:20170513151142j:plain

出し平ダム

黒薙駅を出発しておよそ10分。進行方向右手に突然大きなダムが現れます。

f:id:gk6si002:20170513153042j:plain

 

出し平ダム関西電力の発電用ダムです。

f:id:gk6si002:20170513154007j:plain

急峻な谷に造られたダム。トロッコ電車から迫力ある放水の様子が眺められます。

黒部川第二発電所、ねずみ返しの岩壁(猫又駅)

トンネルと覆道が連続する区間を走り抜けると、急に進行方向右手に赤い橋と対岸にある建物が見えます。

f:id:gk6si002:20170513162445j:plain

 

その先にある短いトンネルを過ぎてから振り返ると、それが関西電力の建屋(黒部川第二発電所)とわかります。また、川の奥にある大きな岩壁も気になります。

f:id:gk6si002:20170513162727j:plain

岩壁は「ねずみ返しの岩壁」と呼ばれるもの。その高さは、200mにもなるそうです。

黒部川は、大自然と人工物が共存しています。

 

また、この付近に「猫又駅」があり一部の列車はここで停車しますが、私たち一般客の乗降はできません。(時刻表の案内にもありません)

f:id:gk6si002:20170513164841j:plain

 

(つづく)

 

つづきの前に。。。

座席は、左側、右側どっちに座ればよい?

前の記事で、トロッコ電車の座席は進行方向右側がおすすめ(帰りは左側)と記しました。

本記事の車窓も全て進行方向右側に見える景色です。

乗車の際は、是非お試しを!

 

ホテル・旅館の宿泊ならdトラベル

\全国100路線以上販売中!/
高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

つづきは、こちら。

tatami-travel-dairy.hatenablog.com

衆議院特別参観 ~国会議事堂見学に行ってきました~(3)

憲法施行70周年を記念した衆議院特別参観。前回からのつづきです。

tatami-travel-dairy.hatenablog.com

御休所(ごきゅうしょ)

天皇陛下がお休みになられるお部屋。国会開会式の日、陛下はまずこの部屋でお入りになります。

ガラス越しの見学となっており、人や向かいの壁、天井が映り込んでしまい心霊写真みたいになってしまいました。(若干加工しています)

f:id:gk6si002:20170509181906j:plain

ガラスにカメラレンズをくっつけて撮影すればこんなことにはならないのですが、ガラスと規制線との間が離れていてそれもできず。

ただただ残念。楽しみにしていたのに、悔しいです。

お部屋の様子はといえば、豪華絢爛。その一言に尽きます。

皇族室

御休所のおとなりにある、皇族がお休みになられるお部屋。天皇とは別室なんですね。

皇族室もガラス越しの見学。

よって、心霊写真いや、残念な写真その2です。(若干加工しています)

f:id:gk6si002:20170509182629j:plain

第一委員室

衆議院では委員会が開かれる部屋を「委員室」というそうです。

衆議院は13の委員室があって、第一委員室は一番大きな部屋。

第一委員室は、予算委員会党首討論などでニュースや新聞でよく登場する部屋です。最近だと某学園理事長の証人喚問にも使われましたね。

f:id:gk6si002:20170509184718j:plain

「一番大きな部屋」といっても、印象としては思ったほど大きくはありません。

 

TVで見るよりも、発言席と答弁席との間が近い!

こんな近さで舌戦を繰り広げたり、乱闘したり(笑)

f:id:gk6si002:20170509185539j:plain

 

部屋奥にある2階席は、カメラマン席と傍聴席。私たちがニュースや新聞で見る景色は、この2階席からとなります。

f:id:gk6si002:20170509190336j:plain

中庭

中庭には池があり、コイがいっぱい泳いでいました。

f:id:gk6si002:20170509204556j:plain

実はこの池、昔は馬車で登院する議員が多く、馬の水飲み場だったとのこと。

その他

その他にも、内部は非公開ですが気になるお部屋がたくさん。一部をご紹介。

総理大臣室。

f:id:gk6si002:20170509205808j:plain

 

自民党総裁室。

f:id:gk6si002:20170509210235j:plain

 

自民党幹事長室。

f:id:gk6si002:20170509210049j:plain

ほか、公明党民進党共産党など各政党の部屋もあり、全体を通して遠い世界と思っていた政治の世界が少し身近に感じられました。

ニュースや国会中継など見る時に見方が変わりそうです。社会見学としてもたいへん良いと思いますよ。

今回見逃してしまった皆さんも、5月20日(土)、21日(日)に参議院の特別参観が開催されますので、検討してみてください。

 

ホテル・旅館の宿泊ならdトラベル

\全国100路線以上販売中!/
高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

衆議院特別参観 ~国会議事堂見学に行ってきました~(2)

憲法施行70周年を記念した衆議院特別参観。前回からのつづきです。

tatami-travel-dairy.hatenablog.com

 衆議院玄関から2階にあがって、本会議場へ。

f:id:gk6si002:20170508202933j:plain

衆議院本会議場

議員の入退場口から見た景色。

f:id:gk6si002:20170508203122j:plain

 

こちらは、3階の傍聴席から見た景色。

傍聴席の最前列が記者席。

私たちがTVや新聞でよく見る景色は、こんな感じですかね。

f:id:gk6si002:20170508203403j:plain

 

ズームイン。

f:id:gk6si002:20170508203958j:plain

議長席の上部には、天皇陛下の「御座所」がありますが、陛下をお迎えする国会開会式は参議院本会議場で開催されるため衆議院の御座所は使われていないとのことです。

議長応接室

議院運営委員会」が開かれる部屋で、ニュース等でおなじみですね。

大理石の暖炉にシャンデリア。ケヤキと布張りの壁。

f:id:gk6si002:20170508210442j:plain

 

そして、壁一面に歴代議長の肖像画。品格を感じる造りです。

f:id:gk6si002:20170508210818j:plain

大臣室

このお部屋は、説明不要でしょう。

f:id:gk6si002:20170508211616j:plain

ちなみに、閣議が開かれる「閣議室」は、この大臣室のおとなり。今回も非公開でした。

中央広間

国会内にこんな荘厳な空間があるなんて知りませんでした。

f:id:gk6si002:20170508213247j:plain

国会議事堂の中央の塔の真下にある、2階から6階まで吹き抜けの大空間。

 

国会内全体の印象として明かりが暗いなと思っていたのですが、この中央広間だけはとにかく明るい!

f:id:gk6si002:20170508214726j:plain

 

壁面のステンドグラスは自然光を取り入れているとのことですが、天井は蛍光灯だそうです。明るいのはそのせい?

f:id:gk6si002:20170508215626j:plain

 

空間に圧倒されて上の方ばっかり気が取られがちですが、床下のモザイクもおしゃれです。

f:id:gk6si002:20170508220602j:plain

このモザイクを撮影しようと思い、人がいなくなるのを粘って待っていたのですが、待ちきれず。。。

 

次回は、「御休所」と予算委員会党首討論、証人喚問等が開かれる「第一委員室」等を紹介します。

 

※なお、私が見学した特別参観は衆議院だけの公開で、参議院は 5月20日(土)と 21日(日)に行われます。

 

ホテル・旅館の宿泊ならdトラベル

\全国100路線以上販売中!/
高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

つづきは、こちら。

tatami-travel-dairy.hatenablog.com

衆議院特別参観 ~国会議事堂見学に行ってきました~(1)

憲法施行70周年を記念した国会議事堂の見学(特別参観)が開催され、通常の見学では非公開の部屋も公開されるということで、行ってきました。

f:id:gk6si002:20170507121418j:plain

特別参観は2日間行われ、私は2日目に行ってきましたが、1日目にTV、新聞等で報道されたせいか大勢の人で混雑していました。

 

整理券を受け取り、待つことおよそ30分。国会内に入ることができました。

f:id:gk6si002:20170507123413j:plain

 衆議院玄関

衆議院議員が登院する「衆議院玄関」から入ります。

f:id:gk6si002:20170507124243j:plain

 

登院表示板。よく国会議員が初登院した時にTVや新聞社のカメラの前にボタンを押してポーズするやつです。

f:id:gk6si002:20170507124311j:plain

国会の内部は?

一言でいうと、「レトロ」

今からおよそ80年前の昭和11年に完成した建物。当然その時々の時代に合わせた改修がされているものの、至るところでレトロな雰囲気を醸し出しています。

 

エレベーター。扉も階数表示板もオシャレ。

f:id:gk6si002:20170507202513j:plain

 

照明に天井。

f:id:gk6si002:20170507203630j:plain

 

通路に設置されている郵便ポスト。アメリカ製のもの。

f:id:gk6si002:20170507203826j:plain

ちなみに、国会議事堂の建材はほとんど多くが国産なのですが(当然か)、わずかに輸入材があり、この郵便ポストがそのひとつとのこと。

 

そして、国会議事堂で忘れてはならないもの、赤じゅうたん

f:id:gk6si002:20170507204752j:plain

 

廊下、階段に敷かれた赤じゅうたんの長さは、およそ4キロにもなるそうです。

f:id:gk6si002:20170507205414j:plain

 

その中でも、こちらの赤じゅうたんは、別格。

f:id:gk6si002:20170507211237j:plain

中央階段天皇陛下が使われる階段です。

ここだけ見ると、「どこかの国の宮殿ですか?」という雰囲気。

国会開会式の際、陛下は国会に到着されるとこの階段を上がり、階段の先にある「御休所」に入られるとのこと。

 

その「御休所」を始めとして、本会議場、大臣室等の様子は、次回以降紹介します。

 

※なお、私が見学した特別参観は衆議院だけの公開で、参議院は 5月20日(土)と 21日(日)に行われます。

 

ホテル・旅館の宿泊ならdトラベル

\全国100路線以上販売中!/
高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

つづきは、こちら。

tatami-travel-dairy.hatenablog.com