日本あっちこっちめぐり旅行記

個人旅行、高級旅館、温泉大好き人間が日本のあっちこっちをめぐった旅行記です。

初めての沖縄旅行(1)/3泊4日の旅行プランを考える、人気スポットは?

7月になったある日、突然カミさんと「この夏は沖縄旅行に行こう!」という話になりまして。

f:id:gk6si002:20170526161439j:plain

 

しかし、私の夏休みは7月下旬に5日間しか取れません。夏休みまであと2週間ほどしか。。。時間がない!

  • 飛行機のチケットは取れるのか?
  • ホテルの予約は取れるのか?
  • しかも、40過ぎになって「初めての」沖縄旅行。いったい、どこに行けばよいのか?

と、考え始めたらキリがないけど、まずは行きたい場所を考えようとネットなど見て人気スポットをピックアップしてみたのが、以下のラインナップ。

美ら海水族館

説明不要でしょう。「初めての沖縄」でここに行かないなんて「ない」でしょう。

f:id:gk6si002:20170526144624j:plain

首里城

一時期「日本三大がっかり名所」と揶揄されていましたが、今は見ごたえがある名所ということなので。

f:id:gk6si002:20170526145643j:plain

慶良間諸島

なんといっても、この「青い海」ですよ! 那覇から日帰りで行けるのも魅力!

f:id:gk6si002:20170526161238j:plain

ハートロック(古宇利島)

美ら海水族館まで行くのなら、ついでにドライブがてら古宇利大橋を渡って見に行くのもいいかも。

f:id:gk6si002:20170526163814j:plain

 

那覇空港の格安レンタカー比較・予約

海中道路(うるま市

「ドライブがてら」というと、古宇利大橋もいいけど「海中道路」も負けていない。

全長約5kmの沖縄本島と離島とを結ぶ道路。ドライブコースに組み込みたい。f:id:gk6si002:20170526170211j:plain

万座毛

子供のころ「沖縄の観光地」というと、「首里城」に「ひめゆりの塔」、そして「万座毛」を思い浮かべていまいした。

f:id:gk6si002:20170526172242j:plain

青の洞窟(恩納村

今回初めて知りました。

イタリアの「青の洞窟」は知っていたけど、沖縄にもあるんですね。

f:id:gk6si002:20170526181852j:plain

斎場御嶽南城市

こちらも今回初めて知った場所。

偶然、テレビを見て知りました。

f:id:gk6si002:20170526183040j:plain

備瀬のフクギ並木

美ら海水族館のすぐ近くにある、フクギに囲まれた集落。

並木道のトンネルに惹かれてピックアップしてみました。

f:id:gk6si002:20170526203940j:plain

 

。。と、ひと通り行きたいところをピックアップしてみたところで。

旅行プランの前提条件

我々の旅行プランの前提条件を洗い出し。

  • 期間は、3泊4日で。(休みは5日間だが若くないので、1日は自宅で休みたい)
  • 宿泊先は、1か所で。(若くないので、宿泊先を移動するのはイヤ)
  • 1日に巡る観光スポットは、1~2か所ぐらいで。(若くないので、いっぱい巡ると疲れる。。笑)
  • 美ら海水族館」は、マストで。

「若くない」というのがキーワードになってしまいました。

それはともかくとして、ネットで調べてみると美ら海水族館」など沖縄本島北部に行くなら宿泊先も北部地域にした方が良いとの意見が多くありましたが、夏のハイシーズン、出発直前に北部地域ではもはや満足できる宿の空室は無く、そこで。。

  • 宿泊地は、那覇市内。
  • 行程は、詰め込まず余裕をもって。

と考え、こんなプランにしてみました。

(結論)初めての沖縄、ふたりでのんびり旅する3泊4日プラン
  • 1日目・・【午前】羽田から那覇へ、【午後】首里城
  • 2日目・・美ら海水族館とその周辺
  • 3日目・・斎場御嶽とその周辺
  • 4日目・・【昼間】那覇周辺でお買い物、【夕方~夜】帰京
  • ※宿泊地は、全日那覇市内。素泊まり。

「3泊4日」でどこが「ゆったり」なんだと自分で自分をツッコミつつ、なんとか飛行機とホテルの手配をしたのでした。

なので、出掛ける前から「次回は、慶良間諸島へ行こう」と2度目の沖縄旅行を考える始末。。。

 

はたして、どんな旅になったのか。その様子は、次回からupしていきます。

(つづく)

 

ホテル・旅館の宿泊ならdトラベル

沖縄・北海道など全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

つづきは、こちら。

tatami-travel-dairy.hatenablog.com