日本あっちこっちめぐり旅行記

個人旅行、高級旅館、温泉大好き人間が日本のあっちこっちをめぐった旅行記です。

冬の津軽・ストーブ列車と五能線の旅(2)/ストーブ列車に乗って身も心も温まる

冬の津軽旅、続きです。

tatami-travel-dairy.hatenablog.com

雪が降り続く津軽鉄道金木駅に「ストーブ列車」がやってきました。

f:id:gk6si002:20171008144333p:plain

 

さっそく車内へ。

f:id:gk6si002:20171008160454j:plain

昔の鈍行列車に見られた座席に板張りの床、そこにダルマストーブが。

 

ストーブに暖まりながら終点の津軽中里駅へ向かいます。

f:id:gk6si002:20171016000103j:plain

平日ということもあってかお客さんは少なく、のんびりムード。

 

時折、車掌さんがストーブに石炭を投入してくれます。

f:id:gk6si002:20171016000851j:plain

 

吹雪の中、終点の津軽中里駅に到着。

f:id:gk6si002:20171016001328j:plain

 

帰りもストーブ列車に乗ります。

出発までの間、吹雪で駅周辺の散策はできませんでしたが、駅舎内の出店(?)を物色。

f:id:gk6si002:20171029222729j:plain

 

地元の方々からこんな温かい「おもてなし」も受けました。

f:id:gk6si002:20171029222752j:plain
f:id:gk6si002:20171029222811j:plain

 

帰りは、五所川原駅まで通しで乗車。

車内で購入した「ストーブ酒」と「スルメ」をいただきながら。

f:id:gk6si002:20171029223946j:plain
f:id:gk6si002:20171029224005j:plain

スルメはもちろん、ダルマストーブであぶっていただきます。

およそ50分間の短い乗車時間でしたが、新幹線や飛行機では味わえない素朴で温かみのある旅でした。

f:id:gk6si002:20171105133503j:plain

終点の五所川原駅にて。吹雪が止んで晴れ間が見えてきました
ストーブ列車に乗車するには?

ストーブ列車は、例年12月から翌年3月の土日祝日を中心に1日2~3往復運転されます。

乗車には、乗車券とは別に「ストーブ列車券」(400円)が必要です。

※私が乗車した時は、300円でした。

tsutetsu.com

f:id:gk6si002:20171029225508j:plain

ストーブ列車券は、昔ながらの「硬券」! 乗車後記念に持ち帰らせていただきました。
ストーブ列車の座席は?

ストーブ列車は、2~3両編成。

個人客と団体客は、別々の車両に振り分けられることが多いようです。

※私が乗車した時も、団体客はお隣の車両に乗車していました。

ダルマストーブは、1両あたり2か所に設置。座席は自由席ですのでストーブ前の座席は「早い者勝ち」ですよ!

 

(次回へ続く)

 

東京都発 青森県着 夜行・高速バス 比較 | バス格安予約のバスブックマーク

青森(青森市内・八戸・弘前) ホテル・旅館 宿泊予約は [一休.com]