日本あっちこっちめぐり旅行記

個人旅行、高級旅館、温泉大好き人間が日本のあっちこっちをめぐった旅行記です。

初めての沖縄旅行(2)/首里城に行ってきました

初めての沖縄旅行1日目。

この日は、午前中羽田から那覇へ飛び、午後は首里城観光という行程。

「空港食堂」でお昼ごはん

那覇空港到着がお昼でしたので、首里城に向かう前にターミナルビル内の「空港食堂」沖縄そばを実食。

f:id:gk6si002:20170531121124j:plain

この「空港食堂」、おそらく空港職員向けの定食屋さんと思われ、ターミナルビルの隅っこ、利用客にとっては目立たないところにあるお店なのですが、口コミで「美味しい」「コスパが良い」と話題で、私も気になって食べてみました。

店内は、いわゆる大衆食堂の雰囲気で、お昼時もあってか混雑していました。(混雑で店内撮影は気が引いてしまいました)

味は、値段を考えれば十分なレベル。「地元の人が普段使いする食堂」と思ってください。

www.kukousyokudou.com

腹ごしらえも済んだところで、レンタカー借りて首里城へ。

 

那覇空港の格安レンタカーを比較・予約!最安値乗り捨て料金も!

 

守礼門から正殿へ

まずは、守礼門。これを見ると、「沖縄に来た!」という実感が湧いてきました。

f:id:gk6si002:20170526145643j:plain

 

首里城は、小高い丘の上に立地しており、坂道を上りながらと次々と門をくぐっていきます。

歓会門

f:id:gk6si002:20170531133251j:plain

瑞泉門

f:id:gk6si002:20170531133636j:plain

建物だけでなく、城壁も独特な造りで異国の雰囲気が伝わってきます。琉球王国のお城ですからね、当然といえば当然なのですが。

広福門。この門をくぐると「下之御庭」(しちゃうぬなー)と呼ばれる広場につながります。

f:id:gk6si002:20170531135210j:plain

首里城には無料エリアと有料エリアがある

首里城は公園として整備されており、守礼門から歩いて広福門をくぐって「下之御庭」に至るまでが無料エリア。その先の「正殿」が有料エリアとなります。

 

入館料を支払い、下之御庭から奉神門を通って有料エリアに入ります。

f:id:gk6si002:20170531140504j:plain

 

奉神門をくぐると目の前に正殿があらわれます。青空に映える真っ赤な建物が印象的。

f:id:gk6si002:20170531143214j:plain

正殿の前が「御庭」(うなー)と呼ばれる広場になっており、御庭を囲むように正殿、南殿、北殿が建っています。

 

正殿内部。国王が座る玉座。豪華な装飾です。

f:id:gk6si002:20170531164126j:plain

 

一部の床下はガラス張りになっており、昔の首里城の遺構を見ることができます。

f:id:gk6si002:20170531143642j:plain

首里城は戦災で破壊されており、現在の首里城はこの遺構の上に復元されたものです。

復元作業は現在も続けられています。

西のアザナ

正殿から再び「無料エリア」に戻って、「西のアザナ」へ向かいました。

ちなみに、「アザナ」とは「物見台」という意味とのこと。

f:id:gk6si002:20170531172715j:plain

その名の通り、那覇市内が一望できます。街の先に見える海は東シナ海。遠くに見える島影は慶良間諸島でしょうか?

夕景、夜景も素晴らしそうですが、私は暑くて疲れてしまって早々に退散してしまいました。

(つづく)

 

那覇空港の格安レンタカーを比較・予約!最安値乗り捨て料金も!

ホテル・旅館の宿泊ならdトラベル

つづきは、こちら。

tatami-travel-dairy.hatenablog.com